無名館

曙橋

2014/11/23 「 共 存 展 2 」

前回の新百合ケ丘での第一弾に引き続き、今回は曙橋に誕生したgallery&bar“Non Finito”のプレオープンイベントとして、「共存展2」を開催させていただきました!
 
[まず携帯で撮った写真から]
IMG_9931 IMG_8967 IMG_8513 IMG_7569 IMG_8766 IMG_9730 IMG_6927 IMG_2554 IMG_7312 IMG_3014 IMG_7458 IMG_2521 IMG_5658 IMG_6425 IMG_3934 IMG_7517 IMG_0949 IMG_2753 みそ IMG_3922
 
[写真家 山崎真さんが撮ってくれた写真]
IMG_2101 IMG_4167 IMG_8966
 
[松山永徳さんが撮ってくださった写真]
IMG_2342 IMG_6038 IMG_5094
 
[坂本と、伊藤咲穂ちゃんが撮った写真]
_MG_8272 _MG_8046 _MG_8105 _MG_8050 _MG_8045 _MG_8238 _MG_8269 _MG_8268 _MG_8253 _MG_8247 _MG_8245 _MG_8244 _MG_8243 _MG_8236 _MG_8233 _MG_8228 _MG_8210 _MG_8227 _MG_8224 _MG_8222 _MG_8220 _MG_8214 _MG_8211 _MG_8209 _MG_8206 _MG_8205 _MG_8200 _MG_8198 _MG_8195 _MG_8197 _MG_8194 _MG_8192 _MG_8136 _MG_8184 _MG_8097 _MG_8178 _MG_8167 _MG_8154 _MG_8139 _MG_8135 _MG_8128 _MG_8125 _MG_8114 _MG_8196 _MG_8112 _MG_8069 _MG_8113 _MG_8065 _MG_8106 _MG_8239 _MG_8071 _MG_8090 _MG_8079 _MG_8056 _MG_8230 _MG_8077 _MG_8176 _MG_8075 _MG_8063 _MG_8062 _MG_8242 _MG_8263 _MG_8061 _MG_8060 _MG_8057 _MG_8271
 
[同、”菜月の麹甘酒教室”の様子☆]
_MG_8188 _MG_8059 _MG_8037 _MG_8039 _MG_8042 _MG_8051 _MG_8053 _MG_8072 _MG_8073 _MG_8078 _MG_8099 _MG_8095 _MG_8102 _MG_8111 _MG_8142 _MG_8150 _MG_8145 _MG_8153 _MG_8148 _MG_8171 _MG_8096
  
[西巻 平くんの写真]
DSC_1514 DSC_1477 DSC_1571 DSC_1650 DSC_1643 DSC_1619 DSC_1608 DSC_1599 DSC_1592 DSC_1567 DSC_1565 DSC_1557 DSC_1556 DSC_1552 DSC_1549 DSC_1548 DSC_1589 DSC_1545 DSC_1544 DSC_1508 DSC_1484 DSC_1507 DSC_1538 DSC_1528 DSC_1525 DSC_1517 DSC_1612 DSC_1606 DSC_1513 DSC_1479 DSC_1512 DSC_1481 DSC_1509 DSC_1495 DSC_1497 DSC_1582 DSC_1634 DSC_1627
 
今回もまたお忙しい中、本当にたくさんの方々にご来館いただき、そして楽しんでいただきました!
 
ご来館いただいた方には、いろいろ感じて、何かを思い出してもらえたんじゃないかと思います。
そのリアクションが、とても嬉しかったです、本当に。
 
 
この場をお借りして御礼申し上げます。
 
ご来館くださったみなさま。
 
そして出来立ての、最高に素敵なギャラリーを貸してくださり、多大なるご協力をしてくださった、オーナーの猪又沙代さん。
この感謝の気持ちは、ひとことでは言い表せません。
 
それから忙しい中、超ハードなスケジュールでみんなの笑顔のために麹甘酒、麹料理を毎日用意し通してくれた、発酵マイスター・モデルの菜月ちゃん。
 
熱い想いをもって檜や商品についてみなさんに優しく解説してくれた、Tree To Green 村上赤水くん。
 
1日中生演奏という無茶振りに笑顔で了承してくださり、イベントを包み込んでくれた音藏 高橋洋之さん。
 
快く快諾してくれて、今回のために新しい挑戦もしてくれた、画家・和紙作家の伊藤咲穂ちゃん。
そしてご協力くださったJINEN GALLERY かんの自然さん。
 
開催ギリギリに無理を聞いてくださった、設計の元松さん、二瓶さん、ワシン建築の田村さん。
 
本当に本当に、本当にありがとうございました!!!
 
2014/12/02 無名館 館長 坂本 司
 
 
共存展DM03b

gallery&bar “Non Finito”
https://www.facebook.com/ArteOpus
新宿区市谷台町8-2 ルシエールハル1F
NonFinito

スケジュール:

スケジュール

※アーティスト在廊日
休日(23、24、29)は、基本的に全員フルで在廊予定。初日23のオープンは19:00からですのでご注意ください。

菜月・・・休日フル、平日は夜のみ、19:00-23:00。
村上・・・休日フル、26(水) 19:00-23:00。
伊藤・・・休日フル、27(水) 19:00-21:00。
高橋・・・休日フル
坂本・・・休日フル、平日は夜のみ、19:00-23:00。

あなたの五感を、優しくゆらす。

■天然の栄養ドリンク”麹甘酒”・・・・・菜月(モデル・発酵マイスター)

前回の共存展では想像以上に「麹甘酒」が好評で、感嘆の声がたくさん上がり、わたし自身も身体の反応に驚きました。
今回も発酵マイスター”菜月”が素敵な笑顔と共に振舞ってくれます♪

「甘酒」といえば、酒かすをお湯で溶かしたものに砂糖を入れた、正月に飲む甘ったるいのを思い浮かべる人も多いと思いますが、共存展で出す”菜月”の甘酒は違います!

「酒かす甘酒」と違い、ノンアルコールでさらりとしていてとても飲みやすい!

日本にしかない麹菌の力で、米がもつ自然の甘みを引き出した『麹甘酒』です!

この”自然な甘み”が何とも美味しい♪
ビタミンB群など栄養が豊富、以下のものなどが含まれていて、”飲む点滴”とも称されています。

ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンB6
葉酸
食物繊維
オリゴ糖
システイン
アルギニン
グルタミンなどのアミノ酸
ぶどう糖

もちろん、お酒入りを飲みたい方には、日本酒、ラムなどのカクテルもご用意。
これまた美味☆

それから麹を使った料理もご用意!さらに甘酒教室も開催予定!!

どうぞお楽しみに!!

■檜の香り、温もり・・・・・村上赤水(Tree To Green、木曽生活研究所)

前回みなさん、木の香りにやられてました(笑)

木の香りって、近頃の生活では、なかなか嗅げる機会がないですよね。
懐かしい気持ち、やっぱり落ち着くなあ、という喜び。
今回も、長野の木曽の檜を使って丁寧に仕上げられた製品の魅力を、”村上赤水”が熱く柔らかく伝えてくれます。
生活の一部、お風呂やクローゼットで、檜の存在、香りを楽しむ。

檜と共に暮らす。そのような共存の提案を致します。

■錆紙(さびし)・・・・・伊藤咲穂(JINEN GALLERY)

自ら手漉(てすき)で和紙を作り、鉄と反応させ、錆を生み出す。
その生まれた模様の美しさ。

文化庁は「和紙:日本の手漉(てすき)和紙技術」をユネスコの無形文化遺産に登録提案しており、11月24日からパリのユネスコ本部で行われる政府間委員会で正式決定される見通しです。
もともと”石州半紙”は記載されていましたが、これを拡張し、本美濃紙と細川紙を合わせた「和紙」とし、優先順位一位として提案。
新しく便利なものは助かりますが、ルーツは忘れたくないですよね。
世界に誇れる日本の紙。とても名誉あることだと思います。

—————————————————-
錆紙について

生きるためには老いなければならない。そして、生きるためには酸素と水分が絶対的に不可欠である。しかし、その酸素と水分の化学反応は同時に酸化現象を生み出す。その現象は、物質を土へと戻し、再び新たな生へと繋ぐ循環構造になる。鉄分に絡む繊維は、和紙でなければその強度を保つことができない。しかし、和紙は強さだけを持ち合わせる素材ではなかった。流動性と柔軟性を兼ね備え、水分を含めば弱々しく崩れてしまうという二面性を持っている。

錆びてゆくことは美しい。何故なら、使われては捨てられ、産まれては消えてしまうような虚しさがそこには感じられず、積み重ねられた時間、その間に受けた、あらゆる色や感触、痕跡に疑いの余地が無いからかもしれない。そして、その痕跡は静かに、安らかに常に生と寄り添っているのである。

Sakuho I
—————————————————-
協力:JINEN GALLERY

■湧き出る音と音楽と・・・・・高橋洋之(音藏-otogura-)

前回、無意識な領域に森からの声が侵食してくるような、とても心地よい演奏をしていただきました。

即興を得意とし、感じたままに表現できてしまう高橋さんに、今回も、作品や製品・空間からインスピレーションを得て表現してもらいます。

ずっとここにいて聴いていたい、という脳髄に沁みる音楽を、提供してもらいます。

乞うご期待!!

FBイベントページ:
https://www.facebook.com/events/299543680235267/

Tag: ,,,,,,,,